本文へスキップ

アプリオリ株式会社は科学技術製品の販売・輸入と装置・システムの開発製造会社です。

反応制御 流体制御

APRIORI Corporation Tokyo Japan

お客様各位

ご通知(本社は移転しております)

皆々様の絶大なるご支援に対して心より御礼申し上げます。
お蔭様でアプリオリは創業36年目を迎えました。

アプリオリ本社は移転しております。前本社ビル(中央通り/靖国通り交差点角ビル)より1Km程、
上野公園寄りへ移りました。中央通りに面したビルです。お越しの際は地図をご参照下さい。


アプリオリマインド

弊社創業時は「鉄は国家なり」の時代でした。「Japan as No.1」を牽引した自動車産業と家電産業も勢いが盛んな時代でした。
情報伝達方法の激変で世界が狭まり、日本を代表する企業ですら混沌とする現代はカタカナでしか表現できない事象に遭遇しているようです。
弊社は黎明期であった半導体電子産業界に機軸をおいて、僅かでも皆様のお役に立てたかと存じます。
アプリオリは基本を重視し、テクノロジーの進化に対応致します。


お願い         下記海外製品のアフターサービスは現代理店へご依頼下さい

Piezocon
Piezocon 日本総代理店撤退のご通知

2011年、Piezocon製造メーカーであったLorex Industries社(USA)が、自社経営権をVeeco Instruments Inc.(USA)へ譲渡しました。
Veeco社はPiezoconをMOCVD装置ビジネスの戦略商品と位置づけ、Veeco社と競合する他社MOCVD装置メーカーへの販売を拒む方針としました。

日本製MOCVD装置の成熟を願う弊社としましては、我国顧客各位への背信行為を避ける意味で、Piezocon 日本総代理店を止めることと致しました。
誠に恐縮ですが、アフターサービス業務は現日本代理店へご依頼下さい。

Epison
Epison 日本総代理店撤退のご通知

1985年〜2002年、弊社が日本総代理店を務めておりましたThomas Swan製MOCVD装置及びEPISONは、その後、新たな日本総代理店が引き継いでおりますので、アフターサービス及び有償修理業務は現日本代理店へご下命下さい。
誠に恐縮ですが、弊社でのアフター作業はお断り致します。
何卒、ご高承を賜りますようお願い申し上げます。

尚、製造メーカーでありましたThomas Swan Co.,Ltd.(UK) は英国の優良企業として、今でも健在です。
事業部創業者高齢によりリタイアしましたので、化合物半導体製造装置(MOCVD)部門のみを、独企業へ売却しました。

C-V測定装置
=製造中止のお詫び=
Hg電極方式C-V測定装置AP-2000Sは、水銀の使用禁止状況を踏まえ、製造中止とさせて頂きました。
国際的な環境問題ですので、何卒ご高承を賜りますようお願い申し上げます。
代替水銀が開発されましたら、再チャレンジしたく存じます。

バナースペース

アプリオリ株式会社

〒101-0021
東京都千代田区外神田 5-3-1
秋葉原OSビル9F

TEL 03-5812-0851
FAX 03-5812-0831